LINK
破産における手順によると、申請人は第一に申請書を申し立てる人の所在地を管轄する地裁に届け出ることとなります。申請人による申立書類が来ると地方裁判所は破産申立の許可をするのが望ましい事由があるかというようなことを調べることになり審理の完了したとき申請人に支払い不可能の状況など要因が満たされていた場合、自己破産の許可がされるというわけです。とはいえ破産の認定があったとしても、それだけですと債務が解消されたということになりません。加えて免責許可を求めることが必要なのです。免責とは手続きの際に借金返済が困難な申請者の借入に関して地方裁判所のもと義務を除外するというものなのです。要するに返済額を消し去ることです。免責においても自己破産申立の判定の手順と同じように裁判所で検討があって、診断の末に、免責の決定がなされたとすれば、義務から自由になることとなり借金額は消滅になるという流れです、その後ローンやクレジットが使用できなくなることを除外すれば自己破産者の受けるデメリットから逃れられることになります。ちなみに、免責非認定(負債を0にさせない)の判断がされると債務また破産者の受ける不利益は残ることにならざるをえません。免責の制度は仕方のない原因で多重の借金を負い、苦境に立たされている債務者を助けだす体制です。ですので、資産を無いふりをして破産の処理をしたりといった地裁にあてて嘘の書類を届けるなどシステムを不正使用しようとする人間や、カジノやショッピングなどの浪費によって借金を負うことになった人々の場合はその破産の承認プログラムを停止したり免責手続きが不許可となります。法律によれば、免責の許可をもらうことが許されない事例を今出した場合以外にも大量に用意してあって、その事由を免責の不許可の事由といいます。