LINK
新聞の宣伝広告、スポーツ紙、電柱に見かける宣伝チラシや郵便広告などで「借金の片付け任せなさい」「多重債務を集約しませんか」などといったアピールを見ることがあります。これらは、「片付け屋」「買取業者」「つなぎ屋」と呼ばれている会社の宣伝の場合があるのです。これらを依頼したケースでは自己破産の流れの中で最も大切な免責許可を受け取れないパターンもあります。「整頓屋」とはチラシなどで多重債務者をおびきよせすさまじい依頼料を受けて債務整頓をするのですが、実際のところ負債整理は実行されずに、当人はもっと負債スパイラルにはまってしまうことがほぼすべてと言えます。「買取屋」というのはクレジットカードでデジタル用品、旅行の券をいっぱい買い入れさせて、借金者から品目を購入額の2割から半値で買い直すというやり方をとっています。当人は一時はキャッシュが増えますが、必ずカード業者から商品の全額の支払い要求が送られて来ることになり、結局は債務額を増やす結果になります。クレジット会社に対して詐欺に当たるとされて免責判定をもらえません。「紹介屋」というのはサラリーマン金融から断られる借金人に、直接の貸出は全くせずに、融資を可能な異なる会社を呼び出し、高い費用を取っている企業です。紹介業者は手の込んだ努力で融通が受けられたかに会話しますが何もせず、単に規程の緩やかなルートを把握しているというだけです。このケースだと現実には借金額を増大させる結果となります。